ソニーがエンターテイメント専用に独立するよう迫らせる

エンターテイメント部門を生み出すことによってそれ自体を分けるために、ソニーは最大の投資家の1人によってもう一度しぼられています。

生み出されて公共エンターテイメント会社を運営するために半ば独立した板を準備するよう彼に訴えているソニーCEO平井一男に、3人目のヘッジファンド創設者岬ダニエル・ローブは、火曜日に手紙を送ったとロイターは報告しました。ローブは、7000万株まで最近ソニーへの彼の基金の投資を上げました。または会社(およそ14億ドルの価値がある賭け)のほぼ7パーセント。

ソニーはうまくエンターテイメント部門を運営することができなかったとローブは主張しました。そして、それはソニー・ピクチャーズとソニーMusicを含みます。彼の手紙では、ウォールストリート・ジャーナルによると、ヘッジファンド・マネージャーは単位が対抗する会社の「規律と責任」が不足すると言いました。

「この実績を考慮して、Entertainmentが一般の報道とともに来るスライドによって強化されないと主張することは、難しいようです。定期的に財務業績を評価している活発なメディア・アナリスト・コミュニティと強く整列する誘因による専門家の板」と、ローブは付け加えました。

具体的には、ローブはソニーが公開公募の一部としてそのエンターテイメント部門の15~20パーセントを売却することを望みます。そのような動きは、60パーセントもソニーの株価に加えることができたとロイターによると彼は言いました。ローブは、ヒライがソニーのエレクトロニクス会社と生み出された娯楽装置のための取締役会長として勤めることをさらに望みます。

コメントの要請に応じて、ソニーの取締役会がThird Pointの提案を見直すが、その提案の詳細についてコメントしないと、ソニー・スポークスマンは話しました。